レーシックイメージ

レーシックの予後と経過

2009年にレーシックを受けました。
あれから4年ほど経過しましたが、予後経過はとてもよく快調快適に過ごしています。
手術を受ける前は、両眼とも0.01でメガネやコンタクトがないと生活に支障がでる状態でした。
レーシックを受けたいと思ったきっかけは、ある日、コンタクトもメガネもなしで近所のコンビニまで行ってみようと思い試したところ、川と道路の境目がわからず川に落ちそうになったり、横断歩道を渡ろうとしたところ車のスピードや車間距離がわからず横断歩道を渡ることができずこんなにも見えないのかと驚きました。
結局、普通に歩けば2.3分で着けるコンビニにたどり着けなかったことで怖くなりました。
私を手術に一番踏み切らせたものは、もし、災害が起きたらこんなに見えなくて愛する者たちを守り切れるかな、という思いでした。
たぶんこんなに見えないのでは、無理だろうと思いました。
それどころか足手まといになるかもしれないな、など、それで思い切ってレーシック手術を受ける決断をしました。
それに、生活上でもいろいろと不便がありました。
まず、ありがちですが、メガネの場所を決めておかないと大変です。
すぐそばに置いていてもそれが見えません。
どうしてもみつからない場合は、もう一度コンタクトをつけてメガネを探すということを何度したことか。
面倒くさいですし、そのたびにイライラしました。
それから、嫌だったのはメイクの時です。
ファンデーションを塗るのですが、首と顔の色を確認する際コンタクトとメガネと裸眼で色合いが違うんです。
どれが本当の色なんだろう、他の人からはどんな顔色に見えてるんだろう、と心配になりました。
変じゃないかな、と。
今はそんなこともなくメイクを楽しんでいます。
予後で印象的だったのは、愛犬と散歩に行った際に見た、山の綺麗さでした。
はっきりくっきり見えるとこんなにも綺麗なのか、と。
細部まで見えるきれいな緑の葉などはとても印象的でした。
今まで見ていたものが同じものなのに視力が回復するだけでこんなにも綺麗にみえるのかと、はっきりくっきり見えることに感動しました。
今まで見ていたものはなんだったのか、と思えるほどでした。
いつもコンタクトもメガネもしないお風呂の状態には、若干違う意味で驚きましたが、今ではピカピカです。
手術のおかげで約20年ほどのコンタクトとメガネ生活から脱することができました。
夏のメガネの不快さやコンタクトのケアや装着時間のしばりからの解放もよかった点のひとつです。
夜間ですが、運転中少しまぶしさを感じる程度でなんら支障もなく快適に通勤と趣味のドライブを楽しんでおります。
術後も予後経過もかわらず現在にいたっています。
予後は、目薬を使用する際には、防腐剤無添加でソフトコンタクト使用時にもさせる目に優しい目薬を使うようにしています。
サプリも飲むようにしたり、目の健康に気を付けるようになりましたし、目を以前より大事にしています。
サプリの効き目はとてもよく、なくてはならないものとなりました。
特に目をよく使う人は、効果に驚くと思います。
あれ、今日目の調子が、と思うと飲み忘れた日でした。
目の乾きや疲れが、サプリの飲んだ日と飲んでない日で全然違います。
目をよく使う人やレーシックをした人へは特にサプリをお薦めしたいです。
私はレーシックをして本当によかったと思います。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.