レーシックイメージ

レーシックを遠方の有名大手クリニックで受けました

レーシックの手術を受けたいと考えた時、一番悩んだのは手術を受けるクリニックをどうするかということです。
以前ある人のブログで、とある有名な大手クリニックでレーシックを受けた時の体験記を読んで以来、手術を受けるならその大手クリニックで受けたいと思っていたのですが、自宅からとても遠かったので悩んでいました。
1回の手術だけの為に上京するのであれば、なんとか都合をつけて行ってしまうのですが、手術後に定期的に検診に行かなくてはならないと聞いていましたし。
私は普通のサラリーマンなので、何度も遠方のクリニックへ足を運べるほどお金や時間に余裕がありません。
近場に専門クリニックがオープンしたので、そちらに行こうかななんて考え出していた時、地元の同級生と偶然再会しました。
友達は極度の近視でしたので裸眼でいることに驚き、再会してすぐだったのにもかかわらず、もしかしてレーシックの手術を受けたのかと聞いてみました。
すると、即答で去年受けたとの答えが。
しかもよく聞くと私が受けたいと思っていた、有名大手クリニックで受けたというではありませんか。
思わず、定期的な術後検診はどうしているのか、大手クリニックに通っているのなら交通費がかかってしまうのではないかなどあれこれ質問責めしてしまいました。
友達はあまりの私の必死さに若干引き気味ではありましたが、喫茶店に行ってそこで話そうと誘ってくれました。
友達が言うには、手術は大手クリニックで受けたけど、通院は近場のクリニックを紹介してもらったのでそっちに行っているとのこと。
さらに、遠方からくる患者さんの為に、手術当日の交通費の一部を補助してもらえる制度がクリニックにあったので、それを利用した為、交通費はそれほどかからなかったとも話してくれました。
私が大手クリニックに対して興味をもっていたのはクリニックの技術力や検査機器の充実度といった面だったので、そんなありがたい制度があるとは思ってもおらず、びっくりしました。
それと同時にさすが大手クリニックは違うなとも思いました。
私が有名大手クリニックでレーシック手術を受けようと決意したのは言うまでもありません。
さっそく大手クリニックに電話をして事前検査予約を入れ、手術可能の判定が出たのでサクッと手術を受けました。
交通費補助金制度は、手術翌日の検診の際に交通費の領収書を受付へ提出することで申請出来ました。
現住所が確認できるものも必要と事前に言われていたので、免許証を用意。
交通費補助金はケースによって金額が変わるようなので、どのくらい補助金が出るのだろうと気になっていましたけれど、最大である1万円をいただけました。
私にとって1万円はとても大きな額なのでありがたかったです。
検査を受けるクリニックも自宅から程近い所を紹介してもらえました。
手間はかかりましたけれど、裸眼ですごしたいという自分の希望と、有名大手クリニックでレーシック手術を受けたいという夢の両方を叶えることが出来て満足しています。
ちなみに、手術不可のと言われたとしても、検査費の翌日に手術の予約をいれていたのであれば、交通費は補助制度の適応となるそうです。
これなら安心して受けれるなと思いました。
もしも遠方のクリニックに行きたいけれどと悩んでいる人がいるのであれば、諦めないで方法を探してみたらと言いたいです。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.