レーシックイメージ

レーシック手術をした時の夜間視力について考える

レーシック手術を行った私の祖父の話になりますが、祖父が眼の手術を行う前は近視や遠視が時々起りやすく、新聞を読む時文字がたまにぼやけることが何度もあったため父がたまに白内障と勘違いするくらい視力の状態は良くありませんでした。
父は祖父に眼科で治療することを勧めますが、祖父は飲食店を年中無休で経営しているため中々病院に行く時間が作れず、どんなに父が頼んでも断ることが多かったのですが、たまに店に来るお客様が来ないことがあったため、それをチャンスとして祖父は眼科で治療を受けることを決心しました。
祖父が医者に診察してもらった結果、網膜剥離と白内障の両方を患っていると診断され、このまま続けると最終的に失明の恐れがあるとまで言われましたが、それを防ぐ方法が一つだけあって目の水晶体や角膜をレーザーで切り取って新しい物に付け替えるレーシック手術によって治すことができると言われたので、祖父が考えていたことは自分が商売する時に支障が出て問題であることを理解しているため、祖父自身その手術を受ける決意をしました。
眼球の手術というのは他の手術と比べ極めて難易度が高いことが噂として広まっているので、実際に成功する確率はおよそ50%であることがデータとして残っています。
この手術で気をつけなければならないことは、レーザーを眼球の真ん中に当てた瞬間絶対に瞬きをしないことが重要で、一回でも瞬きをしてしまうと瞼をやけどもしくは切って出血してしまう可能性があり、医者は瞼を開いた状態で固定するために特殊な器具を瞼に装着して手術を行うことがあります。
次に注意することは手術している間、目はずっと開きっぱなしになっているので長時間経つとドライアイになる可能性もあり、医者はそうならないように目の中に一旦水を入れて乾きを防いで手術を行います。
祖父が手術を行った結果、成功はしたものの目の中に後遺症や違和感を感じるようになって、たまに目がかゆくなる症状を引き起こすことがありましたが、医者が言うには手術して間もない頃は切断した部分が本来の眼球と合ってない状態にあるので、角膜や水晶体が眼球に合うように変化すればかゆみが治まり後遺症や違和感に悩まされることはないと言われています。
しかしこのレーシック手術の後は、夜になって真っ暗な場所を見ても何も見ることができなくなる傾向があり、原因としてはこの手術によって夜間視力が低下しているため普通の方が暗闇で物を見ても実体は見えないけど、輪郭を見ることができるのが一般的となっており、夜間視力の低下はその輪郭をも見ることができないとされています。
祖父はこの症状に何度も悩まされており、家の中が暗闇の状態でトイレを探して時間がかかることが多く、歩いている床の近辺に物が落ちていても気づかずつまずくことが何度もありましたが、私が祖父と暗闇の中を歩いてあげているので祖父が確認できない物は私が後ろから伝えています。
この夜間視力の低下はレーシック手術が原因で引き起こした可能性は多少ありますが、再び手術を受ければ暗闇の中でも普通の方のように輪郭を確認することができます。
その際手術費は結構かかりますが、祖父が手術を受けた病院は保険証が効いたので約5万円くらいで支払うことができました。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.