レーシックイメージ

しばらく夜間にハログレア現象が起きるかもしれないですが支障はないです

私がレーシック手術を受けた際には、医師やスタッフからいくつかの注意点の説明を受けました。
主な注意点としてまずは、年齢が40歳代半ばだったので、老眼があるがレーシックではそれは治らないということと、手術で近視が改善されても、術後も近視になるような生活を続けていたらまた視力が落ちてくるかもしれないということと、もう一つは夜間に光が滲んで見えたり、眩しく感じるハログレア現象がしばらく続くかもしれないということでした。
私は夕方頃手術を受け、その後すぐに術後の生活の注意点の確認と、麻酔が切れたあとの痛み止めの薬をもらいました。
痛み止めの薬は痛み始める前に飲むほうがいいと聞いていたのですが、飲むタイミングが遅れてしまい、目がしみるようになってからしばらく、まだ大丈夫と思って飲まずにいたら本格的に目が痛くなってきてもう開けていられなくなりました。
そこで慌てて薬を飲んだのですが、遅かったのでしょう、全く効かなくてずっと目を閉じたまま痛みに耐えていたのです。
その時は家は遠かったのですが、主人が運転してくれていたので私は助手席でゆっくりできたのが幸いでした。
一回目の薬から一時間くらい経ち、まだ治まらないのでもう一錠薬を飲みました。
すると10分くらい経った頃から痛みがどんどん治まってきて、次にサービスエリアで休憩をする頃には、はっきりと目を開けることができたのです。
その時はもう痛みはなく、夜の景色がとてもクリアに見えて感動したのを覚えています。
さてそのハログレア現象ですが確かにそれはありました。
5年くらい経ったいまでもそれは少しあります。
夜間車を運転していると、信号や対向車のランプが花火のように大きな丸に見えるのです。
その現象は長い間コンタクトレンズを使用してきた人に多く見られるとあとでネットで見たことがあります。
確かに私は長期にわたってコンタクトレンズを使ってきたので仕方がないと思っています。
それに私個人としては夜に運転する必要性はあまりないので特に何の支障もありません。
たまに綺麗だと思うこともあるくらいです。
夜間にどうしても車の運転をしないといけない職業の人がレーシックを受けてハログレア現象が起きたとしても運転に差し支えるほどのことはないと思います。
光に対しては滲んだり眩しいということがあってもそれ以外の周囲はよく見えるので問題はないでしょう。
それより遠くまでクリアによく見えてコンタクトレンズもメガネも不要になったのでレーシック手術を受けて本当に良かったと思う気持ちの方が大きいでしょう。
レーシック手術は費用もかかるし、手術をするということで思い切らないといけないものですが、最近は一般的になってきて身近にも経験者はいるでしょうし、病院側も施術経験が豊富なので、術後のハログレア現象などについても患者さんのデータなどもたくさんあるでしょう。
それらをきちんと説明した上で手術をしてくれますから安心して受けることができます。
私の場合は説明を受けたことが全部あたっていましたが、ハログレアにしても老眼が治らないことも承知の上だったので何も困ることはありません。
老眼についてはそろそろ老眼鏡をしないといけないなと思っている今日この頃です。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.