レーシックイメージ

レーシック手術の問題点

今、話題になっているレーシック手術による視力回復法がある。
視力が落ちて眼鏡やコンタクトを使ってる人や視力低下してる人には、大変気になる方法だろう。
日本では認可されてからまだ日が浅く、保険も不適切で価格も幅広く安定してないので値段も病院によって様々で、どこで受けるかも問題点のひとつである。
第一に質のよい手術を受けるクリニックを探すのがよいだろう。
ただ、レーシックと言われ始めてから10年ほどの歴史だ。
それまでにはアメリカで「エキシマレーザー」の開発によって、屈折矯正手術は大きな変身を遂げている。
なので、先進国と言われているのがヨーロッパやアメリカだ。
アメリカでは、年間100万件以上もの手術が行われている。
パイロットやNASAの宇宙旅行士などの、政府機関にまで認められている手術なのだ。
海外には日本より以前から行われているので、海外のほうが技術的には進んでいる。
海外でも質は様々なので、言葉が通じないからこそ、信用性や安全性のしっかりした病院をきちんと調べてうけるのが大事である。
しかし…レーシック手術のポイントは角膜であることから、角膜が薄い人は受けられないということは、意外と知られていないだろう。
それ意外にも、近視が強すぎる場合や内科疾患でドライアイになっていたり、過去にケロイド体質である、または現在なっている人、重度の糖尿病やアトピー疾患、角膜疾患に影響が出る投薬をしている人も受けられない。
なので、手術は日本眼科学会から2004年に出された「ガイドライン」をもとにクリニックごとに独自の適応基準があるが…だいたい4、5人に1人が不適切になっているのが現状のようだ。
ただ、一度不適応になったからもう一生受けれないというものではないので、不適応になっていても症状が改善して適応検査が問題なければ受けれる場合もあります。
また手術の種類によっては、可能な場合もあるぼで医師によく確認することが大切だ。
レーシックの手術のしくみについても知っておいた方がよいだろう。
レーシック手術は、マイクロケラトームという器具を使い角膜をフタのようにめくるのだ。
めっくたフタをふたたびかぶせるという手法だ。
それに、手術を受けて視力が回復したからといって安心も出来ないのだ。
なぜなら、手術を受けた人にも老眼が始まってしまうと視力がまた下がってしまうのだ。
こういうことがあることを知っておいたほうがよいだろう。
手術の効果を維持をするためにも、術後は点眼をきちんとさして、サングラスをするなどして目を保護するようにする。
目をこすったり強い衝撃を与えないように注意し、視力が安定するのはおおよそ術後1〜3ヶ月後なのでその後は目をいたわる生活をこころがけるのがよいだろう。
眼科には定期的に通って、目の検査をするのも視力を維持しようとする意識が高まるとともに、先生に相談することで早めの処置ができるのでよいのではないだろうか。
視力が大事だからこそ、改善できるために手術を受けようと思う人が多いと思うのだが、目は大事な部位なだけに慎重に念入りに調べて専門的な知識が分かってから挑むのがよいだろう。
眼鏡やコンタクトもイメチェンや目が大きく見えたり利点もあるので、じっくり考えて行うのがよいだろう。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.