レーシックイメージ

レーシックの手術後の視力が戻るなどの症状

眼が悪いという症状には、近視や遠視など様々な症状があります。
レーシックという視力矯正の手術は、これらの症状だけを対象にしていると思われがちですが、老眼の症状も改善できる事を知りました。
私はこの老眼を改善できるという手術の存在を知り、この手術について色々と調べてみました。
老眼という症状は近くのものが見えづらくなっているもので、眼精疲労ではなく、眼のぼやけの症状が長期的に継続するものです。
その為、毎朝の新聞を読むときには、老眼鏡が手放せない状態が続いており、年だからしょうがないと諦めかけていました。
近年では、医療技術の進歩によってこの老眼がレーシックの治療で改善できるようになり、私はこの情報を入手したと同時にこの手術を受ける事を決めました。
しかしながら、この手術を受けるにあたり、幾つかの疑問点もありました。
このような疑問を抱えたまま手術を受けることは納得いかなかったために、私は事前にクリニックのドクターに数多くの質問をしてこの手術に臨みました。
その一つに視力が戻るなどの症状があります。
ここではレーシックの手術後の視力が戻るなどの症状についてお話致します。
先ず最初に、私が手術前に入手した情報によると、手術を受けた後に視力が戻る事があるとの事でした。
この点を担当のドクターに聞いてみたところ、通常手術後の数ヶ月程度で視力の安定が見込めるようですが、時間の経過と共に手術後に視力が戻ってしまう方もいるとの事でした。
このような症状は、手術で形成した角膜が元に戻ってしまうことが原因となっており、個人差があるもので、全ての方の視力が手術後に元に戻ってしまうわけではないとの事でした。
私が手術を決めたクリニックでは、術後の視力低下では再手術を無料で行ってくれるとのことで、安心して手術を受ける事が出来ました。
又、手術後に極度に目を酷使すると、再度視力が悪化し視力が戻る事もあるようで、ドクターから手術を受けた後は、目に気遣った生活を送るようにと指導されました。
次に、私はこの手術を受けるにあたり、どの程度の効果が出るのかを理解してから手術に臨みました。
カウンセリングでドクターが手術の効果について強調していたポイントは、この手術では強度近眼で角膜が薄い方の場合は、目標とする視力に届かないケースがあるという点でした。
しかしながら、どの程度の視力回復が見込めるのかは、事前検査である程度判明する為に、医師とカウンセリングで相談し希望する結果が得られるのかを把握しておくことで、このようなトラブルを防ぎ納得した手術が受けられるとの事でした。
又、コンタクトや眼鏡で良く見える状態であった場合は、手術を受けて回復した際に期待したほどの視力回復ができないケースがあるとの事でした。
このような場合は、現在の視力を理解し、カウンセリングで医師と相談をして納得できてから手術を受ける事が重要です。
又、手術後に満足できなかった場合は、角膜の厚みに問題が無ければ、再手術を受けることもできる事を伺い、私は安心して手術を受ける事が出来ました。
このようにレーシックの手術後の視力が戻るなどの症状には、このような特徴があります。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.