レーシックイメージ

目をこするクセがありましたがレーシック手術受けました

レーシック手術を受けようとした時に、考えこんだことがあります。
それは、私には目をこする癖があるけれど大丈夫だろうかということです。
手術をするしない関係なく、一般的に目をこすることは眼病予防的に言ってもあまり良い行為ではないことは知ってはいましたが、なかなかやめられず、困っていました。
言い訳ですが私がPCを使用する仕事をしていることもあり、目が疲れやすい環境にあるというのも目をこするのを止められない1つの理由です。
周囲に聞いても、それは自分で意識して我慢するしかないとか、手を縛っておけばみたいな冗談を言われたりする程度で、あまり解決策が見えず、本気で困っているんだけどなと一人モンモンとしてました。
そんな時にたまたま知り合った方がレーシック経験者だということを知りました。
私の身内や友達はみんな目が良い人ばかりでしたので、レーシック経験者の方に出会ったのはこの時が初めてです。
これはチャンスと思い、変な質問かなと思いつつも思い切って、私は目をこすってしまうクセがあるのですが大丈夫でしょうかと聞いてみることにしました。
するとその方が手術後、しばらくの間は保護メガネを外出中は装着するので大丈夫じゃないかと教えてくれました。
保護メガネというのは、目の中にチリやホコリが入ってしまわないように目を保護する専用のメガネで、花粉症の方がつけるようなメガネのような形をしているそう。
オシャレではないものの、無意識に目をこすることなども防いでくれるアイテムとのことでした。
また、クリニックによっては夜用の保護眼帯を渡してもらえるから寝ながらこすってしまうことも無いよというので、それならばと思い切って手術をうけることを決めました。
実際、クリニックで事前に相談した時にもそのような説明を受けました。
目をこする癖がある人は結構多いようです。
私だけじゃないんだと思いほっとしました。
目にかゆみなどが出て、目をこすりたくなった時用の目薬も処方してもらえると言ってもくださりました。
レーシックの手術自体はとてもスムーズで思っていたよりも短時間で済みました。
クリニックから帰りに渡された保護メガネは、知り合いから言われていた通りオシャレなものではなく。
でもこれをつけている限りは目をこすってしまわないで済むな、という気持ちもあったので、イヤだとは思いませんでした。
この日から目をこすってしまう衝動との戦いの日々が始まりました。
先生には小さなお子さんがいるのであれば自宅でもずっと装着していた方が良いですが、一人暮らしならば適度に保護メガネを外しても良いですよと言われましたが、うっかりこすってしまうのが怖かったのでずっと装着してました。
夜は保護眼帯をつけて眠りました。
保護眼帯の形は色々あるようですが、私が渡して頂けたのはテープで透明プラスチックの眼帯を両目に貼り付けるタイプのものでした。
寝ながら外してしまったらイヤダだと思い、これでもかとペタペタとテープを大量に使って固定して寝るようにしていたら、泊まりに来た彼氏に怖いと言われました。
そんなこんなで我慢すること一週間くらい。
はれて保護メガネと眼帯を取っても良いという許可がおりました。
なんとか乗り切ることが出来たとほっとしたことを覚えています。
私のように目をこすってしまうクセがある人でもレーシック手術は出来るものなんだなと思いました。
もちろん手術の効果も満足しています。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.