レーシックイメージ

レーシック手術で目つきはかわらない

レーシックの手術を受けてから、かれこれ1年近く経ちますが、それ以前の写真とくらべても周囲の意見でも目つきは基本的にかわらないといわれますし、自分でも目つきが変わったとはまったく思っていません。
ただ、メガネをかけなくなりましたので、目が大きくなったという印象を持たれることあります。
これは近視のメガネをかけてこられてきた方なら経験のある方も多いと思いますが、凹レンズのメガネを通してみる目というのはやはり小さく見えるものなのです。
そういう意味で目の感じが変わったといわれることはあります。
実際に手術の前に先生にも確認をとりましたが、角膜を切ってフラップを作り、その後戻すことをしても瞳孔が大きくなるといったことは一切ないそうですので、見た感じはまったくかわりないということでした。
ある意味で、まったく手術をしてもだれにも気づかれないということでもあるわけです。
実際手術をしてみますと、本当に角膜を削ることと、角膜の実質層と呼ばれるところにレーザーで切り込みを入れるだけですから、手術をしたことすらだれにも気づかれないような状況なのです。
したがって見かけの様子が変わるということもまったくありませんし、みた印象を気にされる方は心配する必要がないことは、実際に手術をしてみた私が保証します。
ただ、視力がよくなりますので、目を細めてみていたような習慣が、はっきりと大きく見開いてみるという習慣に変わることはありえます。
これは実際に1年近くたってみてつくづく思いますが、しっかりとものをみることができるようになりますので、視力がわるかった時に、とくにメガネをかけていなかったような状況での薄目使いでものを見るのとはかなり異なった見方になりますから、そういう印象は変わると思います。
とにかく、レーシックの手術は非常にスピーディに行われますし、周辺にも自分から言わなければまったく気づかれないほどのものになりますから、こっそり受けるのには本当にもってこいの手術であると思います。
もちろん周囲に宣言してから手術を受けるのもありだとは思いますが、とかくプライバシーに近い内容でもありますから、あまり人に知られないうちに視力を確実に回復させていくことができればそれに越したことはないと思います。
コンタクトレンズを使っていた方などは、本当に変化がありませんから、まったくわからないことと思います。
ただし、個人的な経験からいいますと、手術の翌日にはすぐ出勤して働くこともできますが、できることなら大事をとって2日ぐらいはゆっくり休養されることがお奨めです。
急に視力がよくなったことから結構体がその状況に驚いてしまうということがあり、慣れてくるまで多少の時間がかかることだけは間違いないですから、そうした時間の余裕をもって手術に臨むのが一番最適だと思います。
実際3日目を超えてきますと、かなり体調も元通りになりますし、視力も俄然回復して、新しい世界になったことを実感することができるようになります。
この位の時間の経過を経験しますと、頭痛や肩こり、気持ちの悪さといった体調の変化もすっかり治まってもとの体に戻ることができるようになります。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.