レーシックイメージ

レーシック手術に網膜剥離の危険性はないのか

2001年に厚生労働省に認可されたレーシック手術は10年以上経つ現在では年間45万件以上の症例があり、日本でもメガネ、コンタクトレンズに次ぐ視力矯正方法として人気があります。
理由としてはレーシック専門クリニックが数多くでき、自由診療で高額な手術費用がいくぶん安くなってきたことが理由としてあげられるでしょう。
大手の専門クリニックでは10万円をきるプランもあり、若い方を中心に人気となっていますが、全国平均としてはだいたい25万円前後のようです。
支払いは一括払いの他に分割払いやカード払いが出来るところもあるようです。
私は分割で支払っていますが、コンタクトレンズに毎月かけていた金額より安く住んでいますよ。
月々の負担は軽くなるし、裸眼での生活は快適ですし、本当に手術してよかったと思っています。
皆様にもおすすめしたいです。
費用がまだ高いとおっしゃる方にもまだ朗報があります。
かかる費用を安くする方法としては、友人からの紹介割引制度というものもあります。
大手のクリニックでしたらたいてい導入しているようですが、友人や家族などそのクリニックで手術を受けた人から紹介してもらえば、手術費用が割り引いてもらえるのです。
また現在は募集をしていないようなのですが、もしあなたの加入している生命保険がレーシック手術にも手術給付金を支給する仕組みになっていれば、給付金がもらえる可能性があります。
ご加入の保険会社に問い合わせてみるのが良いですね。
他に、税務署によって対応が違うようですが、医療費控除の対象になる場合があるので、領収書などはとっておくのがいいでしょう。
さて、このように誰でも受けることが出来るようになったレーシック手術ですが、後遺症や副作用はないのでしょうか。
私はそれを聞くためにクリニック主催の説明会にも参加しました。
術後は傷口を守るため、一週間は保護メガネとよばれるだてメガネのようなものをしなくてはなりません。
しかし、一週間経って、もう何をしてもいいかと言えばそうでもなく、傷口が完全にくっついて元の状態に戻るのには個人差もありますが3ヶ月程度かかるようです。
その間は安定していないので、光がにじんで見えたり、視力も過矯正気味になったり、見えにくくなったりするようです。
3ヶ月後に目標の度数になるように計算して手術しているので心配ないのですが、知らなかったら失敗かと心配になりますよね。
傷口をこすったりすることでこの症状はさらに起きやすくなるので気をつけなくてはいけません。
また網膜剥離についてもご心配な方が多いでしょう。
手術をする時に、眼球を固定するので、普段より圧力がかかってしまいます。
その時に網膜に薄い部分があったり穴があったりするとそこから剥離することも考えられるようです。
ただし、そのようなことがないように、事前に適応検査が行われています。
網膜の状態を検査し、万が一網膜に弱い部分が見つかった時にはそちらの治療を先に受けるように指導もあります。
ですので、事前検査にパスした方が手術が原因で網膜剥離になるということはまず考えられないようです。
安全に手術が受けられる方だけが受けられるのがレーシックとなっているのです。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.