レーシックイメージ

レーシック専門クリニックでは無料割引モニター募集があります

レーシック手術をすれば、煩わしいメガネやコンタクトなどから解放され、子供のときのように裸眼で過ごすことが出来ます。
レーシック手術をしたいと思っている方は年々増えていて、日本でも毎年45万件以上の症例があります。
アメリカではもう1990年代からある手術で、メガネやコンタクトレンズに変わる視力の矯正方法として一般化しているものです。
レーシックとはどのような手術なのでしょうか。
基本的には、眼球の角膜を薄く切開し、フラップとよばれるフタを作ります。
フタを開けた中にエキシマレーザーとよばれる特殊なレーザーをあてて角膜の屈折力を変化させることで視力回復をする手術です。
最近では技術と機器の進歩によって色々な症状に合わせた手術方法があります。
自分がどのような病状で、どのような手術が必要なのか、細かいことは事前検査をしてみないと分からないのですが、金額は20万円前後になることが多いようです。
老眼の治療の場合はもう少しかかることもあるようです。
レーシックは自由診療なので保険診療よりも高額になってしまうので、なかなか支払いが難しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私が手術をしたクリニックでは、治療費の支払い方は従来の一括払い以外に分割払いやクレジットカード払いもありました。
分割払いですと月々が3000円ほどのプランもあるので、使い捨てのコンタクトレンズを利用している方ならお安くなるのではないでしょうか。
実はそれ以外にもっとお得にレーシック手術を受ける方法があるのです。
私がお世話になったクリニックでは無料割引モニター募集していて、当選すると手術が無料もしくは割引価格で受けられるというものです。
他の専門クリニックでも募集をしていますので、あなたの便利なクリニックで応募してみてはいかがでしょうか。
応募はホームページより可能です。
簡単な条件があるので少し確認してみましょう。
もし当選しましたら、アンケートに答え、顔写真、実名付きの体験談などに協力する必要があります。
ホームページやパンフレットなどで体験談などを読んだことがあるのではないでしょうか。
ああいうものへの出演となります。
また8週間以内に適応検査、手術を受ける必要がありますので、時間に余裕がある時に応募すると良いですね。
もし当選しても適応検査で手術不可能と判断された場合は手術は出来ません。
私の場合、無料モニターに当選し、適応検査でも無事手術可能ということで、手術を無料で受けることが出来ました。
遠方でもモニターの場合交通費の補助はありませんでしたが、無料でしたからトータルの出費はお安く済ませることができ、満足しています。
モニターとなっても、検査から手術までの流れは一般の方と変わらないと思います。
検査の結果により、手術プランを決定しました。
実際の手術も15分程度とすぐ終わり、落ち着いてからホテルに戻りました。
特に何事もなく、次の日の検査を受け、自宅に帰りました。
落ち着いてきた一週間後と三ヶ月後に検診がありまして、インタビューがあるのはその時でした。
みなさんも、もし手術を考えているなら、無料割引モニター募集に応募してみるのが良いですよ。

Copyright(C) 2010 視力を回復しよう.com All Rights Reserved.